YとAの想ふこと

技術・戦術よりサポーターの想いで書きます。他も少し・・・。

'19年 第4節 FC東京 アウェイ - 味の素スタジアム

              f:id:reGram:20190320212457j:plain

リーグ戦は2週間続けて屋根付きスタジアム、ゴール裏がこだまして楽しくて仕方ない。公式によると集まったファミリーはゴール裏だけで4000人、パロのゴール裏と同じ人数。これだけ集まれば声の大きさも相当だったみたい。

 

写真はミッチ、飲み物片手に練習前に芝の様子をちょくちょく見に来ます。試合後の情報では、トヨスポと違って芝は長めだったみたいです。

 

試合は永井に裏抜けされて痛恨の先制点。結果は、FC東京 1 − グランパス 0。1点取られても2点とるサッカーが今日は出来ずに敗戦する。今日の試合は風間さんが言う「やるか、やらないか?」の世界で、今日はやれない日でした。宮原もリードされた後半途中で交替。米本とシミッチで前まで運べる様になった今、このチームのSBの役割も変化して来た様です。宮原頑張りどころになって来ました。

 

1点入ればもっと早いタイミングで”風チャント”を歌えたのに、少し残念な試合でした。それにしてもアウェイゴール裏はホームより野次が少なくて、まとまった感と雰囲気が良いなぁ〜、といつも思います。

 

GOAL : Noゴール

'19年 第3節 ガンバ大阪 アウェイ - 吹田スタジアム

                                  f:id:reGram:20190320212441j:plain 

ミッチがピッチに来る!、待ちかねた様にゴール裏から”らららららららららぁ〜、うぉ〜お〜っ” がこだまする。

 

楢さんチャントもうだけど、グランパスのキーパーチャントは素晴らしい。この入りで随分その後の盛り上がりも変わると思う。去年、ミッチのJリーグ初戦でのコメントに”この瞬間”が語られています。”Amazing、鳥肌が立った”と。(※すみせん、鳥肌の英語を知りません!)吹田スタジアムはサッカーを見るだけでなく、ゴール裏も声が反響して本当に楽しい。去年は残念な事にビジター指定席からこの景色を見ていました。正に後悔先に立たず、今年はしっかりリベンジ。

 

試合結果は、ガンバ 2 − グランパス 3で勝利。この対戦はいつも得点が沢山入り、楽しいゲームになる。今年も期待を裏切らなかった。

 

試合前の小旅行は法善寺横丁へ。喪中なのでお参りはしませんでしたが、雰囲気があってまた行ってみたい場所。それにしても、前日の金曜夜10時頃にホテルを探しながら難波から心斎橋の繁華街にクルマで迷い込んだ田舎者は私です。

 

グランパスのゴール裏はJ2降格以降チームと同じ様に成長している。

GOAL : 赤崎 1ゴール、シミッチ 1ゴール、オウンさん 1ゴール

 

 

 

 

'19年 第2節 セレッソ大阪 ホーム - 楢崎引退セレモニー

             f:id:reGram:20190318215701j:plain

楢さんの引退セレモニーがある事を知り急遽参戦。最後にチャントを歌いたかった。J2降格が決まった時、多くの選手がチームを見捨てる様に去って行った。毎日クラブについて悲しい報道を聞きながら、楢さんのコメントに救われる。”クラブがこれまで自分にしてくれた事を、今度は自分が返したい。” 自分も前を向けた瞬間でした。 グランパスがJ2を戦った年、迷わず赤いフィールドユニに#1を付けて応援しました。当時、スポーツショップKAMOにお願いして特別に作りました。そんな楢さんが引退、本当は去年J1のピッチでもう一度チャントを歌いたかったけど叶わず、この日を逃したら次は無いと思い、無理矢理その日のスケジュールを調整してスタジアムへ。大声で歌いました!自分なりにお礼をしたかった、ご苦労様でしたと。

 

無理矢理のスケジュールだったので、前半のみスタジアムで観戦。焦れったい試合、都倉は相変わらずゴリゴリで荒くて好きになれない。後半の得点と勝利を移動中の車で知り安堵。

 

楢さんの大切な日に、大切にしてくれたグランパスが負けなくて良かった。
GOAL : 赤崎 2ゴール
グランパスくん:Jマスコット V2達成報告!

 

'19年 開幕戦 ー サガン鳥栖 アウェイ

          f:id:reGram:20190227214256j:plain

2月22日午後、半ば強引に仕事を休み新幹線に飛び乗る。向かう先は博多。実は仕事以外で九州に行く事は初めての事。後付けの理由は幾らでもあるけど、平日のトヨスポの練習は行く事が出来ないので、開幕、そして新しい選手を早く見たいと云う思いからの行動でした。夜は博多で水炊きを堪能し、福島菓子舗のカステラを買って初日のミッション コンプリート!

 

23日は朝8時からスタジアムで列整理が始まる。その後、一旦解散。次の集合である11時までの間は、太宰府天満宮へ小旅行。梅満開の季節であり、本当にタイミングが良かった事に感謝する。11時少し前にスタジアムに戻ると、そこは長蛇の列。去年もスタジアムで見た常連さんが沢山、シーズンが始まった事を実感しました。

 

ミッチの入場に合わせ、今年最初のチャントがスタジアムに響く。凄かったなぁ、ファミリー(※)皆が開幕を心から楽しんでる事を感じました。結局前半はずーっとハイテンションな応援が続きました。今振り返るとJ2を経験して、ファミリーも鍛えられました。遠いアウェイまで遠征し、本当に少ないメンバーでゴール裏を構えた事もありました。必死で声を出すしか出来なかったけど、その流れが今に続いているのかなぁ。
(※ グランパスのファンサポは、今年から”ファミリー”になりました。)

 

試合結果は後半4点を取ったグランパスの勝利。何かを期待出来そうなシーズンが始まりました。

GOAL : Jo 2ゴール、相馬 1ゴール、和泉 1ゴール

 

 

 

 

 

   

'19年の戦いはもう始まっている

       f:id:reGram:20190210231634p:plain

2月23日からの開幕にそなえ、にわかに周囲が動き出す。気に入った対戦カードのチケットを手に入れるサポーターの戦いはもう始まっている。昨シーズン、手に入れる事の出来なかったアウェイ ガンバ戦のゴール裏チケットを今年は確保。家族3人で発売開始10時に備え、フォーメーションを組んだ。試合も楽しいけど、実はチケット確保のドキドキも好きだったりする。

しかし、それも今年までかと思う。パロのゴール裏は年間チケット分がSOLD OUT。来年以降は更に厳しい状況になる事が予想される。チームが強く、人気が出る事も一長一短。う〜んっ、難しい!

 

'18年 ホーム開幕戦 ー ジュビロ磐田 (2019.2.3追記)

           f:id:reGram:20190209222924j:plain

2018年3月3日、世間はお雛祭り。そして、グランパスはJ1昇格後のホーム開幕戦を豊スタで迎える日。

試合前に幾つかの関心事があった。昨シーズンを遙かに超える前日シート張りにゴール裏シートは本当に確保出来るのか?、4万人集まるのかな?ブラジル人多い?、コリンチャンスサポ怖くない?、新しいチャントも覚えるぞ!。そして、田口にどう反応するのか?。個人的に川又はどうでもよかったけど・・・。そして、入場。何とかゴール裏席を確保して選手を待った。


---------------------------------------------------------------


2019.2.3

ここまで書いて1年が過ぎた。

この試合、結果は1-0でグランパスが辛勝。その後も含め、泥沼の前半戦15試合が  待っていた。ホントに勝てなくて、辛かった。夏の補強で息を吹き返し、9月のジュビロホーム戦では1-6でグランパスが大勝。しかし、試合終了直前にシャビが怪我を負う。その後は一進一退、否、どちらかと言えば後退気味で2018シーズンをグランパスは奇跡の15位残留で終え、ジュビロプレーオフでV東京に勝利して16位残留。

2019開幕は直ぐそこにある。今年はどんな戦いを見せてくれるだろうか?

ホントに楽しみで仕方ない!

'18年 開幕戦 ー ガンバ大阪 吹田

2018年3月4日日曜日より

           f:id:reGram:20190209133006j:plain
帰って来たJ1。

家族総出でチケット発売時間に待機して何とか指定席を確保。本当はゴール裏自由席が良かったけど、そちらは惨敗。

吹田スタジアム観戦は、万博日本庭園駐車場を使います。ゆっくり出発しても空きはあるし、少し歩きますがグランパス 談義をしているうちにスタジアムに到着。それにしても凄い待機列の人数に、J1昇格を実感しました。そして、ゴールキーパー陣の登場。コールがスタジアムに響きます、これも凄かった。ランゲラック自身が鳥肌が立ったと後述したように、サポーターの想いが伝わります。それは単に開幕戦に対する想いだけで無く、J2降格と云う事実から解放された歓び。

今思えば昨シーズンは良い体験、楽しく貴重な時間でしたが当時は苦しかったし、不安でした。プレイオフの最後の瞬間まで、本当に1年で戻れるだろうか?心の中では常に葛藤していました。チームもサポーターも鍛えられた1年でした。

試合結果は2−3でグランパスの勝利。ジョーの決勝ゴールに、ゴール裏が沸騰した 開幕戦でした。